本文へ移動

運輸安全マネジメントに対する取り組み

弊社は、運輸安全マネジメントを構築することにより、輸送の安全を確保するために、全社で取り組んでまいります。

1 輸送の安全に関する基本的な方針

(1)社長は、輸送の安全の確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、社内において輸送の安全の確保に主導的な役割を果たしてまいります。安全に関する声に真摯に耳を傾けるなど現業部門の状況を十分に踏まえつつ、従業員に対し輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底させます。
 
(2)社長は、輸送の安全に関する法令及び社内規則の遵守並びに安全第一の意識の浸透を図るとともに、方針の策定や重点施策等を定めて、そのための安全管理体制及び方法が十分機能しているかを常に確認し、問題点を的確に把握し、必要な改善を行う等不断の見直しを行うことにより、輸送の安全性の向上に努めます。
 
(3)社長は、安全マネジメントを適切に実施するため、その体制の構築について必要な要員及び予算等の確保等、必要な措置を講じる。

2 輸送の安全に関する重点施策

(1)安全輸送の確保が事業経営の最優先課題であるという認識を徹底する。
(2)安全に関する法令及び社内規定を遵守する。
(3)輸送の安全に関する内部監査を行い、必要な是正措置・予防措置を講じる。
(4)輸送の安全確保に関する教育や研修を計画し、実施する。

3 輸送の安全目標

以下を目標に安全確保に努めます
・有責重大事故 ゼロ
・車内事故 ゼロ
・車両故障 ゼロ

4 輸送の安全に関する計画

(1)教育計画は、運転士・ガイドに対して年間教育計画に基づき、項目毎に教育を行います。
 
(2)設備投資として、車両については、計画的に最新の型式へ代替してまいります。また、「ドライブレコーダー」および「デジタルタコグラフ」の導入など輸送の安全性向上に寄与する設備投資を計画的に行っております。
 
(3)安全運動は、春の全国交通安全運動ならびに秋の全国交通安全運動にあわせて事故防止運動を重点的に展開するほか、年末年始輸送安全総点検を実施するなど、安全運動を中心として徹底した輸送の安全性向上に努めてまいります。
 
(4)点呼を通じて、法令遵守・健康管理・車両管理を確実に行うとともに、道路状況や運行状況及び指示事項を確実に伝達し、安全輸送を徹底します。
株式会社和光輸送観光バス事業部
代表取締役 佐藤明夫
TOPへ戻る